ワキ 臭い

ワキガの日本人は増え続けている

 

欧米人にとってはワキガの臭いは当たり前のこと。

 

約8割の人がワキガ体質だと言われています。

 

それに比べてワキガ体質の日本人は人口の1割ほどで、実際にワキガに悩んでいる人はその5〜6分の1だとされています。

 

日本ではワキガは少数派。

 

だから本人も周りも、どうしても気になってしまうのですね。

 

ただ、ワキガ体質の日本人は年々少しづつですが増え続けているといいます。

 

その原因は、ここ数十年の間に起こった食文化の変化、食の欧米化にあるとされています。

 

もともと欧米人になぜワキガ体質の人が多いかというと、その食生活に原因があるのです。

 

洋食文化と言えば、肉類が多く、脂分やタンパク質の多い高カロリーな食べ物が思い浮かびます。

 

高カロリー食を続けていると、脂質の代謝排出が皮脂腺だけでは間に合わなくなります。

 

そのため、ワキガの臭いを発する原因となるアポクリン腺が発達して、脂質のを身体の外に出す助けをすることになるのです。

 

日々の食事がワキガになりやすい体質に変化させた、ということになります。

 

日本人の食生活の欧米化がワキガ人口を増やすことになっても、なにも不思議はないのかもしれません。

 

もともと、野菜や魚、豆類が主な和食中心の食生活をしていた日本人は、アポクリン腺が退化して、そのためワキガ人口が少ないのではないかとも言われています。

 

ワキガの日本人が多数派になるのは、まだまだ先のことかもしれませんが、このままでいけば可能性はゼロではないと言えそうです。