ワキガ 手術

ワキガ手術を失敗したくないなら病院選びは重要

重度のワキガ体質に悩まされている人であれば、根本的な治療としてワキガ手術を考える人もいると思います。

 

ワキガ手術を受ける上で気をつけたいのが「どんな病院で手術してもらうか?」ということです。

 

ワキガ手術にはいくつかの方法がありますが、自分に適しているのはどの方法なのか?それを行っているのはどの病院なのか?ということを調べておく必要があると言えます。

 

病院の医師の手術実績や信頼性、評判などは知っておきたいところです。

 

今ではインターネットで、実際に手術した人の体験談や病院の口コミなどを簡単に調べることが可能になっていますから、ぜひ利用して正しい情報を手に入れましょう。

 

手術前には、実際に病院に行ってカウンセリングを受けることになります。

 

そのときに自分の希望と違うワキガ手術の方法を強引に勧めてくる、というところは注意したほうがいいでしょう。

 

病院・クリニックの雰囲気を確認し、医師が治療法についてきちんと説明してくれるかどうか、再発の可能性、そして再発した時の対応などについても、しっかりと相談できる病院を選ぶことが大切です。

 

また、手術にかかる費用についても明快で、わかりやすいところであればベストだと言えます。

 

ワキガ治療にはいろいろと不安が付きまといがちです。説明のわかりやすい、信頼できそうな医師・病院を選びたいところです。

 

ワキガ手術のなかで最も一般的な方法が「剪除法」になります。

 

剪除法では医師が直接目で確認しながら、ワキの皮膚をメスで切開してアポクリン汗腺を取り除きます。

 

最も効果が高いと言われているのも、この剪除法による手術です。

 

ほかにも「切除法」「吸引法」などのワキガ手術の方法があり、症状ごとに最適な方法は変わってきますから、医師との相談の上で自分に最適な手術方法を選択するようにしましょう。

 

 

 

ワキガ手術で起こりやすい合併症

 

安全な手術法を信頼できる医師の施術で受けたとしても、手術にともなって起こる合併症はの可能性をゼロにすることはできません。

 

どのような合併症の危険性があるのかを知っておくのは大切なことになります。

 

ここでは、ワキガ手術を受けたときに起こりうる、代表的な合併症について解説していきます。

 

 

出血・血腫

切開手術をすれば、出血は避けられないことです。
医師が圧迫固定や止血剤を使って、出血を最小限にしてくれるはずですが、怖いのはその血が固まって血腫になることです。血液が皮膚の内部で固まってしまう血腫は、細菌の感染や皮膚の壊死を起こすことがあります。そうなると傷の治りが遅くなり、術後の回復が優れないということにもなりえます。

 

化膿(感染)

メスで切開した部分に細菌が感染すると、皮膚の内部に膿がたまって化膿することがあります。
手術後の、まだ傷が治りきっていない間は、できるだけワキの下に汗をかかないようにする必要があります。お風呂に入るときも、お湯の中の雑菌がつかないように、ワキが湯船に浸からないようにしたほうがいいでしょう。
ある程度時間が経って、傷の部分が落ち着いてきたら、今度はワキの下をよく洗って清潔を保つことが大切です。手術後はトラブル防止のために、ワキの下に刺激を与えない・キレイにする。ということが重要になります。

 

黒ずみ

ワキは腋毛を剃った時に色素沈着が起こりやすい場所ですが、ワキガ手術によっても黒ずんでしまうことがあります。
色素沈着は皮膚が刺激を受けたときに、皮膚を厚くして身体を守るために起こる現象ですから、治療するほどのことではないでしょう。黒ずみは次第に薄くなっていくものですが、なかなか改善されないときには専用のスキンケア商品を使ってみてもいいかもしれません。

 

しびれ

ワキガ手術では皮膚の裏側の汗腺を取り除くため、皮膚の表面の知覚神経を刺激してしまいがちです。そのことで切開した部分を中心にしびれが起こることがあります。一時的な症状ではありますが、気になる時には担当医師の処方を受けて、ビタミンB12などを服用するようにしましょう。

 

薬のアレルギー

薬に対してアレルギーがある場合は、手術前に医師にそのことを告げておかなくてはいけません。一番気をつけたいのがアナフィラキシー・ショックになります。麻酔薬などにアレルギーがあると、ショックのために血液低下や呼吸困難に陥って、命の危険につながることもあります。