ワキの臭い対策に香水をつけるのはダメ?

ワキの臭い対策に香水をつけるのはダメ?

 

香水はもともと体臭隠しのために海外で発明されたと言われています。

 

香水には体の臭いを消す効果はありませんが、上手に使うことで体臭をごまかすことはできます。

 

ですが、つけすぎたり、部位を選ばずに香水をつけてしまうことで「香害」が起こり、周りの人を不快にさせてしまうことがあるので注意が必要です。

 

香水には「温められると香る」という特性があります。

 

そのため、手首や耳の後ろ側などの皮膚体温が上がりやすい場所ならば、つけるのは少量にしておくのがおすすめです。

 

また匂いや香りは「立ち上る」とも言われるように、下から上に向けて香るという特徴も持っています。

 

ですから、自然にほのかに香らせたいときには、香水をウエストから下の部位につけるようにすると良いでしょう。

 

逆に香水をつける場所としておすすめできないのは、汗をかきやすい場所です。

 

首筋やワキなどは汗をかきやすく、その汗と香水が混ざることで悪臭が発生する恐れがあります。

 

特にワキは密閉されやすい部位ですから、雑菌が発生しやすく臭いもこもりがち。

 

周りにイヤな顔をされないためにも、香水は違う場所につけるようにしましょう。

 

男性の中には香水をつけ慣れていない人も多く、つける量がわかっていないこともあるようです。

 

体臭をごまかすのに使える香水ですが、つける量はとにかく控えめに「少し物足りない」と感じるくらいが丁度いいようです。