ワキ 臭い

服に体臭が残ってしまうというとき

洗濯したばかりの服が、着て汗をかくと途端に臭い出す、という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

とくに脇の臭いは強烈なため、洗濯したくらいでは完全には取れていないことも多いものです。

 

モラクセラ菌という雑菌が繁殖し繊維の奥にとどまる事で、この臭いは起こります。

 

服に臭いを残さないためためには、しっかりと洗濯することも大切ですが、同じくらい乾燥の工程が重要になります。

 

やはり天日干しが良いでしょう。

 

太陽光線に当たることで、殺菌と同時に臭いの分子を放出することができます。

 

そして洗濯物を乾かすには“熱”よりも“風”が重要です。

 

外が微風であっても、室内干しよりは乾燥が早いですから、臭い対策には効果があります。

 

止む終えず洗濯物を室内に干す場合も、換気扇や扇風機を利用して空気の流れを作ることで、素早く乾かすことができます。

 

換気扇のある浴室は最適な室内干しの場所。

 

天気の悪い日、風が強く洗濯物が飛ばされそうな時には、浴室を乾燥室として利用するといいでしょう。